ソフトなのにパソコンにない?どこでも使える会計システム!!

インストールをしない会計システム

パソコンで業務をしたいとき、業務に合わせたソフトをインストールして使います。企業においては経理業務や会計業務は必ず必要になるので、何らかの形で行う必要があります。手書きで行うのは面倒なので、会計ソフトを利用する会社、事業主が多いかもしれません。最近の会計ソフトの形式にはクラウド会計があります。クラウドと呼ばれるインターネット上の領域にソフトがあり、データなども保存する仕組みになります。ですからパソコン上にソフトをインストールしません。データもパソコン上には保存しません。インターネットにアクセスできる環境があると利用が可能になります。アクセスする方法を知っていれば、パソコンや場所に関係なく利用ができます。

ハードウェアに依存しないシステム

企業が会計業務を行うとき、特定のハードウェアに会計システムをインストールしていました。会計情報は企業にとっても重要な情報なので、どの機械でも処理ができると困ります。経理部などに置かれていて、特定の人しか操作ができない閉鎖的なシステムでした。しかし、最近は会計情報をもっといろいろな人が見たいとの要望があります。経営者はもちろん、事業部の責任者なども自分の事業部の状況を把握する必要があります。これまでは経理部が作成する資料でしか見られませんでした。クラウド会計はハードウェアに依存しないので、アクセス権があれば経理部以外の人でも利用ができます。操作の権限なども設定できるので、ある人には特定の処理しかできないようにもできます。

パソコンで出納の記録をつくっても、持ち運べないしなかなか逐一記録するが難しかった、そんな帳簿のこれまでの常識を覆すのがクラウド会計です。オンラインで帳簿を管理できる、革新的なシステムです!