もしもの時に備えて覚えておこう!スマホ修理の方法とかかる料金

もしも水没させてしまったら

最近では防水対策されたスマホも多くなってきていますが、それでも絶対に大丈夫とは言えないのが水没事故。経験のある方も少なくないのではないでしょうか。もしもスマホを水没させてしまったら、慌てて電源を点けようとしないのがポイントです。スマホ内部に水気が浸入した状態で電源を点けると、水気により回路が壊れて二度と復旧しなくなってしまう場合があります。しっかり水気をとり乾燥させれば問題ない場合もありますが、念のため修理業者にみてもらうのが無難でしょう。機種や破損具合にもよりますが、5千円~1万円程度で修理を請け負ってくれます。

もしも液晶ガラスを割ってしまったら

水没と同じく多い事故が、液晶ガラスの破損です。保護シートを張っていれば大抵の場合は大丈夫なはずですが、うっかり落としてしまった場合、最悪操作できない程バリバリに割れてしまうこともあります。機種によっては液晶ガラス部品のみを格安で取り寄せて自分で修理することも可能なようですが、不安な方はやはり修理業者へ。液晶ガラス交換であれば、数千円程度で修理を請け負ってくれるようです。

もしも音が出なくなったら

ある日突然音が出なくなってしまった!そんな場合、スマホ本体の不具合かスピーカーの故障が疑われます。スマホ本体の不具合であれば、何度か再起動などを行うことで改善する場合もあるのでお試しください。スピーカー故障の場合、これを交換するのはかなり専門的な知識が必要なことがありますので修理業者へ相談しましょう。機種や破損の程度により金額やかなり変わってきますが、1万円前後で交換対応してくれる場合が多いようです。

スマホは精密機械ですので、無理して自分で直そうとせずに専門の修理業者でみてもらうことをおすすめします。

スマホ修理は街にある修理専門ショップに依頼する事が可能であり、液晶交換・外装交換・電池交換・ボタン不具合といった各種修理に対応しています。