動画配信をして人気を得たいならまずなにから始めるべき?

動画配信サービスのアカウントを取得

最近の動画配信者の中には、もともと一般人でありながら、芸能人と変わりないような人気を博している人がいます。そういった存在になりたいけど、動画配信の始め方がわからないという人もいるでしょう。配信するにあたって、まずは動画配信サービスのアカウントを取得する必要があります。以前は、自分でサーバーを立てて、独自に動画を配信するという人もいましたが、現在はあまり主流のやり方ではありません。というのは、独自サーバーによる動画配信は集客が難しいからです。動画配信サービスを利用すれば、話題になってアクセス数が上がった場合、優先してトップページに表示されるようになり、さらなる集客が見込めます。なので、サービスを利用した方が得策といえるでしょう。

広告収入が得られるサービスは限られている

動画配信サービスは複数あるので、どこをメインにして配信するかを決めなければなりません。基本的に、自分がよく利用するサービスに登録するのが一番いいでしょう。ただ、動画を配信することで広告収入を得たいのであれば、広告を表示できるサービスを選ぶ必要があります。利用する動画配信サービスを決めてアカウントを作ったら、動画を撮影してアップしていきましょう。カメラは専門的なものではなく、スマホのカメラでも大丈夫ですが、クオリティを考えるとデジタルビデオカメラを用意した方が無難です。また、一人でも撮影しやすいように三脚を用意するといいでしょう。撮影は自宅にある自分の部屋でまったく問題ありませんが、撮影している様子を家族に見られたり、聞かれるのが恥ずかしいということであれば、カラオケボックスに機材を持ち込んで撮影するというのもありです。

ストリーミングとは、主に音声や動画などのマルチメディアファイルのデータをダウンロードしながら再生し、ハードディスクにデータ保存しない方式です。待ち時間が少なく、すぐに見られるものです。