どのような仕組みになっているの?LEDの構造について

LEDは身近な場所で活用が行われています

近年、住居内の照明器具も蛍光灯や白熱球からLED照明へと変化していますが、夜道を照らしてくれる街灯、道路に設置が行われている照明や信号機、駅の案内掲示板などにもLEDが活用されています。LEDは省エネであると同時に蛍光灯や白熱球よりも寿命が長い、熱の放出量が少ないなどの特徴を持ちます。住居内の照明器具をLED照明にすることは電気代の節約にもなるわけです。街灯などの場合も、コストの削減およびメンテナンス頻度の減少などの効果を期待出来るようになります。電車の中で本を読む時なども、LED照明になっているため目が疲れないなどのメリットもあると言われています。LEDの光源は連続した光を放つなどからも、目にもやさしい照明器具です。

現在の照明器具をLED化する時のポイント

LED照明にすると電気代が安くなるし、交換する頻度も減るので経済的です。しかし、白熱球を取り外してLED電球に交換するなどの簡単な方法で切り替えが出来るわけではありません。白熱球は交流電源を使って内部のフィラメントを高温度に加熱し、白熱化させることで光る原理を持ちます。これに対してLEDはカソードとアノード電極に電気を印加しますが、LEDに利用する電源は直流電源です。家庭用のACコンセントは交流電源ですから、そのままでは利用が出来ませんので、交流電源を直流電源に変換するためのインバーターが必要です。尚、白熱球の照明装置を丸ごと取り外して、インバーターが内蔵されている照明装置を装着することで、LED化が実現するのです。

飲食店を始めとした店頭における商品掲示はledパネルがおすすめであり、画面を切り替える事によって多くの商品をアピールできます。