アクセス数アップへ!スマートフォンWebサイトの作り方

気になった情報、パソコンとスマホどちらで調べる?

最近のスマホをはじめとしたモバイル端末の進化はすさまじく、もはやパソコン同等の使い方もできるものも少なくありません。何か調べ物があるとき、少し前ならパソコンで調べる、という人が多数だったと思いますが、現在ではスマホの方が持ち運びが便利で、キーボード操作などが不要で簡単であることから、スマホで全て済ましてしまうという人も多いのではないでしょうか。

スマホサイトとPCサイト何が違うの?

スマホサイトもPCサイトも内容はほとんど同じように見えても、実は細かい違いがあります。まず画面のサイズが違うので、スマホサイトでは文字や画像のサイズが自動的に縮小されるという点です。次に回線の速さの違いによって、画像が多いPCサイトをスマホで閲覧すると画面の処理に時間がかかり、なかなか次のページに進まない、等の不具合が生じる場合があります。

スマホサイト制作でスマホ環境を快適に!

そのような現象はスマホ専用サイトを設けていない場合はもちろん、サイトのトップページしかスマホ用にしていない、という場合に起こります。こういった状態を改善するには、スマホ専用サイトを新たに作るかPC用のサイトをスマホに最適化するという選択肢があります。

専用か最適化か?2つの選択肢

スマホ専門サイトを新たに作るにはスマホサイトに適したHTML5などといったプログラミング言語を用いて、スマホは指で操作するので次へ進むボタンなどをPCサイトより大きくしたり、スマホ使用に適したサイトのデザインに変えるといった注意点もあります。既存のPCサイトをスマホに最適化するといった場合には端末の画面の大きさに合わせて表示幅を変化させるレスポンシブ・ウェブデザインという手法がとられます。この技術を使えば既存のPCサイトに手を加える必要がありません。

スマートフォンの登場以降、スマートフォンでしかネットを利用しない人が増えています。閲覧数をアップするにはスマートフォンWebサイト制作が欠かせないものとなっていると言っても過言ではありません。