プロに負けないクオリティでできる!上手なホームページの作り方

情報を詰め込みすぎないシンプルさ

ホームページを作る上で最も重要となるのが読み手に何を伝えたいかを明確にすることです。情報化社会になりつつある現在では、いろいろな情報を提供することも大切ですが、統一性がなくあれもこれもと詰め込みすぎて失敗するケースも少なくありません。

そのため、自分が発信したい情報がしっかりと伝わるように余白などを有効に使ったシンプルさを心掛けることが大切です。

常に新しい情報を仕入れていく

時代の移り変わりの中で世の中が求めるトレンドは常に変化をしています。webデザインを含むホームページも同様に、常に新しい物が求められていると言っても過言ではありません。

ホームページをより良くしたいと考えるのであれば、自分の感性だけに頼るのではなく他の人のページを閲覧するなどさまざまな形で情報をリサーチしていくことが大切です。

文字の大きさやコントラストに気をつける

情報を伝える上で欠かすことのできない物の一つが文章による説明です。一口に文字と言っても文字の大きさや色使いなどによって与える印象は異なります。中には可愛く見せようと文字が小さくなり過ぎてしまったり配色を間違えて読み手にストレスを与えてしまう失敗例は少なくありません。

文字は標準よりも大きく、配色はハッキリとしたコントラストを心掛けることが大切です。

携帯電話からの利用者を取り込む

一昔前であればネットと言えばパソコンでのアクセスが主流でしたが、現在では携帯電話の進化に伴ってスマホなどを使って気軽にアクセスできるようになっています。

この携帯ユーザーを取り込むことはホームページを活性化させる上で必要不可欠です。そのため、携帯からのアクセスを可能にするのはもちろん、どちらからアクセスしても読みやすい構成にすることが重要と言えます。

一般的にホームページ作成するには専門知識が必要と言われています。ただ、最近ではツールを使う事により専門知識が無くても作成できるようになってきました。