デザインに拘れる!ホームページで差をつけよう

ホームページを作るならデザインを考えよう

ホームページを無料で制作できるサービスが登場したため専門知識不要で誰でも簡単にホームーページを作ることが出来るようになりました。自分が発信したい情報を簡単に世界中へ発信できるようになったのですが、多くのサイトが乱立し競争も起こっています。場合によってはホームーページを立ち上げても全くアクセスが無いケースもあります。目を引く部分やアピールしたい点をはっきりさせるなどホームーページを作る時にはデザインを考えなければならないのです。例えホームーページを公開してもどこに何のコンテンツがあるのかが訪問者が分からないとアクセスさえしてもらえない可能性があります。大切なことはホームーページは見てくれる人が居るという点です。

見やすいデザインとはどんなものか

見やすいホームーページを作るには訪問者目線という大切なテーマがあります。自分がどんな情報を発信したいかを明確にするのは大切なことではありますが、どこにどんな情報を散りばめるかや訪問者にホームーページ内をどう見て回ってほしかを想定してデザインすると良いでしょう。例えば訪問者がホームーページの管理者にコンタクトを取りたいとします。なのにコンタクトを取るための術が見つけられないというケースもありえます。また、様々なコンテンツを配信するホームーページを制作したけど、一部だけしか見てもらえずもっと多くのコンテンツに興味を持ってもらいたいなど思い通りにならない事もあります。トップページに連絡先のアドレスを記載したり、関連作品を閲覧できるようにするなど細やかな配慮が大切なのです。

レスポンシブとは、「柔軟な」、「臨機応変な」といった意味があります。そこから転じて、デバイスに応じて、同じ情報を、画面サイズに応じて表示を変更することが可能であるという意味になります。